【注意】ドイツに来たら水の違いに気を付けよう!硬水と軟水の違いって何?

水の中の気泡ドイツ
Pocket

ドイツと日本の違い。それは「水」だ。ドイツも日本も水道水が飲める。けど、ちょっと注意。ドイツで日本人が水道水を飲むと場合によっては体調を崩してしまうかも。なぜなら、ドイツの水は「硬水」だから。

ということで、今日は「水」をテーマに書いていきたい。「硬水」と「軟水」の違いって何?ドイツで水道水を飲んでも大丈夫?水を買うなら何がオススメ?といった疑問を解決したい。

硬水と軟水の違いって何?

水には「硬水」と「軟水」がある。この二つの違いは、水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量の違いだ。

WHOが定める基準では、硬度120mg未満が軟水120mg以上が硬水とされている。

日本では水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水。ということで、普段飲んでる水は「軟水」になる。一方ドイツは「硬水」の国。慣れていない人にとっては「苦み」を感じたり、口当たりが重かったりする。

両者の違いは、「軟水」がまろやかな味、「硬水」が重い口当たり、といわれている。

この二つの水の違い、どこから来るのかというと「地形」に関係しているらしい。

日本は山が多く、川が流れる速度が速い。急流が多いので、マグネシウムやらが水に溶け込む時間が少ない。一方でヨーロッパでは、川の流れは緩やかだ。ということで、たっぷり時間をかけてミネラルが水に溶け込み「硬水」となる。

さて、両者の違いが分かったところで、じゃあドイツの水道水飲んでも大丈夫なのか?を説明する。

気になる人は、続きをチェックしてね。

ドイツの水道水、飲んで大丈夫?

ドイツの水道水、飲んでも大丈夫なのだろうか?

答えはYES、飲んでも大丈夫。

衛生面では全く心配せずに飲んでもらって構わない。俺も水は買わずに、水道水をガブガブ飲んでいる。

ただ一つ、注意してもらいたいことがある。それは、「硬水」が体に合わない人もいるということだ。

場合によっては、お腹がゆるくなってしまうことも。せっかくの観光旅行、ゆるいお腹ではツラい。自分の体とよく相談しながら、水道水を飲むようにしよう。

あと、硬水の特徴として、シャワー後のパサつきなども挙げられる。シャワーやお風呂は避けられないので、こればっかりは仕方がないけど、気になる人は入浴後のケアをしっかりするようにしよう。

さて、私・俺、硬水が合わないという人は、ドイツでどのミネラルウォーターを買えばいいのだろう?次で紹介しているので、気になる人は続きをチェック!

ドイツでミネラルウォーター買うなら

さて、硬水が体に合わない人はどんなミネラルウォーターを買えばいいのか。

答えは、日本でもお馴染みVolvicだ。

日本では2020年に販売終了してしまったけど、ドイツではまだまだ健在。そして、ヨーロッパのナチュラル・ミネラルウォーターの中では珍しく軟水だ。

ということで、Volvic一択だ。ドイツで軟水のミネラルウォーターはなかなかない。ボルビックならスーパーでもガソリンスタンドでも買えるので安心。

硬水がどうも体に合わないなという人は、Volvicを買うようにしよう。

終わりに

今日は、硬水と軟水の違いについて紹介した。ドイツは硬水なので、慣れてない人は注意しよう。お腹がゆるくなってしまうかもしれない。ただ、ほとんどの人は、水道水を飲んでも何の問題もないと思う。

もし、ドイツの水が体に合わなかったら、軟水の「Volvic」を探してみよう。日本でもお馴染みのミネラルウォーターなので安心だ。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました