ドイツの大晦日、どう過ごす?注意することは?

タイプライターと紙ドイツ
Pocket

今年も残りわずか。クリスマスも終わって、もうすぐ大晦日、そして正月がやってくる。今日はドイツの大晦日についての記事だ。

ドイツの大晦日、日本とはだいぶ様子が違う。日本では大晦日、そして正月は家族の行事だ。一方ドイツでは大晦日は友達と過ごすことが多いようだ。日本とドイツでは、クリスマスと大晦日の過ごし方が逆転している、と思ってもらうとイメージしやすいと思う。ちなみにドイツのクリスマスについては「ドイツのクリスマスをまとめてみた。」という記事にまとめてあるので、気になる人はチェックしてみてほしい。

ドイツの大晦日

ドイツの大晦日はジルヴェスター(Silvester)という。この言葉は、ローマ教皇のSilvester一世に由来する。12月31日が聖ジルヴェスターの日とされているので、大晦日と関連付けられてジルヴェスターと呼ばれるようになったのだとか。

日本では静かなお正月。紅白歌合戦を観て、ゆく年くる年をテレビで観ながらコタツの中で年越しする。そのあとは家族で神社にお参りに行って、甘酒を飲んだり、という人が多いと思う。

一方でドイツの大晦日はうるさい。もうドンチャン騒ぎだ。花火や爆竹を打ちまくるので、もう路上は戦場のよう。道を歩いていると、ちょっと怖い。こちらに住む日本人は、このドイツの大晦日が好きではない人が多いような気がする。やっぱり、大晦日は静かに過ごしたい。というか、花火で危険な目に遭いたくない笑

そんなドイツの大晦日。日本とは違い、友達と集まって過ごすことが多い。一緒に夕食を食べて、カウントダウンが始まる0時前になると、皆で花火を観るために外出するというのが一般的。

過ごし方

さて、ドイツの大晦日の過ごし方だが、以下の4つを行うのが定番となっている。ということで、一つ一つみていこう。

花火

大晦日に花火は欠かせない。これなしでは年を越せないというドイツ人も多いのではないだろうか。年末になると、スーパーで花火の販売が開始される。ちなみに、ドイツで花火の販売が可能なのは、年末の3日間だけ。今年はコロナの影響で、花火の販売は禁止されている。ということで、今年は割と静かな年越しになる予感。

花火の打ち上げが許されているのは、大晦日と元旦だけなので、花火をするならこの期間にしよう。けど大晦日近くになると、待ちきれない人が多いのか、ポツポツと爆竹の音が聞こえてくるようになる。自宅に庭がある人は、庭で花火を打ち上げる。そうでない人は、街の広場だったり公園に行って花火を打ち上げる。

カウントダウンが始まり、年を越すと花火の騒音は絶頂を迎える。ほんとにまるで戦場のよう。皆が四方八方に花火を打ちまくり、爆竹を投げまくるので、他人との距離感に気を付けたい。

ということで、ドイツの年末年始はなんといっても花火。花火に始まり花火に終わるといっても過言ではない。

ホームパーティー

こちらでは大晦日にホームパーティーをする人が多い。友人を自宅に招いて一緒に年越しを祝うのだ。ホームパーティーの様子は人それぞれ。かなり形式ばったパーティーをする人もいれば、ソファでゆったりパーティーをする人もいる。学生なんかはドンチャン騒ぎ。酒に大音量の音楽で踊りまくる。

このパーティーに欠かせないのが、ゼクト(Sekt)と呼ばれるシャンパンとボウレ(Bowle)と呼ばれるフルーツが漬けられたお酒だ。このボウレ、ジュース感覚で飲めるので、酒が苦手な人でも美味しく呑める。ただアルコール度数は比較的高いので飲み過ぎ注意。とくに、漬けられたフルーツを食べると、たっぷりアルコールを吸っているのですぐに酔ってしまう。

そして、食べ物はラクレット(Raclette)がよく食べられる。日本の家庭で行う焼き肉のようなもの。ラクレット・マシーンというホットプレートに、野菜やらチーズ、肉をのせて焼いて食べるというもの。

とにかく皆で集まってワイワイするというのがドイツ流大晦日の過ごし方。日本とは過ごし方が違うけど、これはこれで楽しいドイツの大晦日だ。

ブライギーセン(Bleigießen)

ブライギーセンとは、一種の占いのこと。ブライとは「鉛」という意味で、ギーセンとは「注ぐ」という意味。つまり、鉛を注いで運勢を占うのだ。残念ながら2018年から、このブライギーセン関連のグッズは販売禁止になってしまった。鉛が危険とのこと。

この占い、スプーンに鉛のかたまりをのせ、ロウソクの火にかざして鉛を溶かす。溶けたところで、冷水にぶっ込む。そして鉛が固まったら、その形から運勢を読みとるというもの。一度だけ、俺もやったことがある。その時は、牧場主のような形だった。ちなみに、それが何を意味するかは忘れてしまった笑

Dinner for one

こちらに来て知ったのが、Dinner for oneだ。イギリスのショートコメディだ。なぜかドイツでは毎年大晦日に観られる定番番組。

10 分の短いストーリーなので気軽に観れる。物語を簡単に説明すると・・・

90歳になる老婦人が主人公。誕生日パーティーのためにゲストを招いたのだが、皆他界してしまっているので誰も来ない。そこで彼女の執事が、ゲストを装ってお酒を飲んで酔っぱらっていく・・・というもの。

俺はあんまり笑えなかった。が、ドイツでは伝統になってしまうほど大人気。毎年同じ内容、同じ展開なんだけどね。Youtubeでも観られるので、気になる人はチェックしてみてほしい。

Dinner for one oder der 90. Geburtstag von Miss Sophie

注意することは

ドイツの大晦日、注意することを挙げるとすれば、以下の3点だろう。

・花火に注意
・酔っぱらいに注意
・お店が閉まってる

それでは、一つ一つ内容をみていこう。

花火に注意

とにかく注意したいのは花火・爆竹だ。毎年負傷者が出ている。ひどい場合だと、鼓膜が破れてしまうことも。ということで、打たれる花火・投げられる爆竹には注意したい。

まず、フード付きの衣類は着ない方がベター。というのも、投げられた爆竹がフードの中に入ってしまって、そこで破裂するということがあるからだ。上着などはフードがついていることが多いので、注意したい。

狭い場所に入らないというのも注意したい。最近では見かけなくなったが、公衆電話ボックスのような場所は危険だ。入っているときに、爆竹が投げ込まれてしまうということもある。その他にも建物の隅っこなど、逃げ場がないようなところは避けたい。花火・爆竹を見に行くなら、広々とした他人との距離を十分に確保できるところにしよう。

酔っぱらいに注意

大晦日は大勢の酔っぱらいが出歩いているので、からまれないように注意しよう。目をあわせたり、ジッと見てしまうと、からまれる確率がグッとアップするので避けよう。とはいっても、相手はただの酔っぱらい。ただ楽しい気分になっているだけかもしれないので、適当にあしらっとけばなんとかなる。俺は今まで問題になったことはない。なので、そんなにビビる必要はない。けど、一部の人は酔うと攻撃的になったりするので、注意はしたい。

お店が閉まっている

大晦日は早い時間(〜14時まで)にお店が閉まってしまう。そして元旦は全日閉店の店が多い。ということで、何か必要になる場合は、早めにスーパーにいって買い出しをしとくようにしよう。とはいっっても、大きな街の中央駅に入っているスーパーなどは開いていると思うので、取り急ぎ何か必要になったときは、駅をチェックしてみよう。

まとめ

今日は、ドイツの大晦日を紹介した。こちらの大晦日はとにかくうるさいので、日本とはまた違った趣がある。ベルリン、ミュンヘン、ハンブルクなど大都市と呼ばれる都市では、毎年パーティーが開催されるので、いつもとは違う年越しを体験してみたい人は、この時期にドイツを訪れるのもいいかもしれない。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、よい年越しを!(Guten Rutsch ins neue Jahr!)

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました