ポメラDM30の便利な機能5選!

ポメラdm30雑記
Pocket

俺は長年ポメラを愛用するポメラニアンだ。今日は、そんなポメラDM30の便利な機能を紹介する。今回はハードウェアではなくて、ソフトウェア面に重点をおいて紹介していきたい。

ちなみにスペックやポメラの概要については、「現代のタイプライター!ポメラDM30をレビュー」という記事で紹介しているので、気になる人はチェックしてみてほしい。

これは便利!ポメラDM30の便利な機能

早速、ポメラDM30の便利な機能をみていこう。俺がよく使う機能を5つまとめてみた。以下の5つである。

・アウトライン機能
・カレンダー機能
・電子辞書機能
・タイムスタンプ機能
・豊富なショートカットキー

では、内容を一つ一つみていこう。

アウトライン機能

まず、アウトライン機能だ。DM200には搭載されていた機能なのだが、DM30にも搭載された。

この機能が一番役に立っていて、嬉しい機能だ。

アウトラインとは、画像のように文章に「見出し」をつけ、テクストの構成が一目でわかるようになる、要はテクストの「輪郭」のことだ。

ポメラの場合、画面の左側に別枠で見出しが表示され、
自分が今どこら辺を書いているのかがすぐにわかる。

俺は、まず全部の見出しを作って、文章の全体像を把握してから、書き始めるようにしている。

文章が長くなった場合、見出しから書きたい部分にとぶこともできる。

使い方はとっても簡単。見出しにしたい行の最初に#タグを付けるだけだ。

俺は、ブログのテクストをポメラで書いて、パソコンに読み込み、コピペして記事を作成している。この時に超便利だったのが、ブログのエディタがポメラで作った見出しを認識し、見出しが自動生成されるということだ。

h2見出しを作りたいときは、#タグを2つ付ける。h3見出しを作りたいときは#タグを3つ付けるといった具合だ。

そうすれば、ブログのエディタで自動的に見出しが作られる。微調整をする必要がないので、とっても便利。

ちなみに、ブログで目次を掲載している人は、このアウトラインがそのまま目次になる。目次を見ながら書いているようなものなので、とってもわかりやすい。

カレンダー機能

俺が使っていたDM20にもあった機能だが、DM30にも引き継がれている。

カレンダー機能では、カレンダーが表示され、日付ごとにメモをとれる。何かを書き込んだ日は、黒丸が表示されて、一目で分かるようになっている。

TO DOリストや日記などに活用できる。ちなみに、俺はこのカレンダー機能を使って日記を書いている。

手書きや日記帳の時は続かなかった日記も、電子版なら続けやすい。すぐに書き込めるし、書けなかった日の罪悪感が少ない。

ポメラを起動したときに、一番最初に表示される画面にも設定できるので、便利だ。

電子辞書機能

なにかを書いていると、よく使うのが辞書だ。単語の意味を調べたり確認したりするときに便利。

搭載されている辞書は、「明鏡国語辞典」「ジーニアス英和辞典」「ジーニアス和英辞典」の3つだ。

大体この3つがあれば事足りるだろう。

ちなみに、国語辞典を表示させるショートカットキーは「Alt+F8」だ。すぐに表示できるので、とても便利だ。

タイムスタンプ機能

地味に便利な機能が、タイムスタンプ機能だ。F2キーを押すと、タイムスタンプを挿入できる。こんな感じだ。

2021/01/17 15:04

編集している日付と時間が挿入できる。一瞬で挿入可能なので便利だ。何日もかけて記事を作成するときの進行具合をチェックするときや、書き終えた日時を記録しておきたい人にとっては便利。

豊富なショートカットキー

パソコンでショートカットキーを使う人は多いだろう。このポメラにもたくさんのショートカットキーが登録されている。種類は全部で132種類だ。

コピーやペーストをするときは、パソコンでおなじみの「Ctrl+c/v」などがある。

他にもポメラ専用のショートカットキーもあり、覚えるのが大変。さすがに全部は使おうとは思わないが、重要なショートカットキーは覚えると、作業効率がグンとアップする。

ということで、なにかと便利なショートカットキーが豊富にある。

こんな人にオススメ

ポメラDM30は正直言って好き嫌いの分かれるガジェットだと思う。電子ペーパーディスプレイを採用したがための表示遅延だったり、残像だったり。けど、俺はそんなに気にならないタイプの人間だったようだ。なにより、電子ペーパーディスプレイがとても気に入っている。

ここでは、どんな人にポメラDM30がオススメできるかを検討してみた。以下の3つのタイプの人にはオススメだ。

・毎日文章を書いている人
・集中して文章を書きたい人
・ガジェット好きな人

毎日文章を書いている人

毎日文章を書いているという人にはオススメだ。ポメラは、どこにでも持って行けて、気軽に書ける。書く場所を選ばなくなるというのは、ポメラのメリットだ。

パソコンを使っていたときは、なんだかんだ文章を作成するまでのハードルが高かった気がする。ネットの誘惑があったり、メールをチェックしたり、Wordを起動したり。

ポメラは書くことに特化したマシンなので、書き始めるまでの道のりがグッと短くなる。開いたら、即入力開始だ。書くための機能も充実している。

毎日文章を書くという人は、日々の細かなストレスを
減らすことで、グッと書きやすくなる。

集中して文章を書きたい人

集中して文章を書きたい人にもオススメだ。書くことに特化したマシンなので、書くことしかできない。けど、それがいい。とにかく邪念が入るということがなくなる。作業効率も上がる。

また、電子ペーパーディスプレイを採用したことも集中力向上の助けになっていると思う。画面が発光しないので、長時間使用していても目が疲れないのだ。

ガジェット好きな人

ガジェット好きな人にとって、ポメラはおもしろい商品だと思う。開閉式のキーボードだったり、電子ペーパーディスプレイだったり。おもしろい要素がたくさん詰まっている。

表示遅延の問題を除けば、非常に洗練され、よく考えられたマシンだと思うので、一台持っておいても損はないだろう。

こんな人にはオススメできない

逆に、こんな人にはポメラは合わないだろうという人を検討してみた。以下の2タイプの人だ。

・仕事で使いたい人
・スピード重視な人

仕事で使いたい人

創作活動やブログ記事の作成には向いているポメラだが、仕事で記事を書かなきゃならない人には向いていない。

ネットに接続できないので二度手間になるし、表示遅延もあるので、素早く大量の文章を書くというのには不向きだ。

考えながら文章を書いたり、自分のペースで文章を書いたりする人のためのガジェットだ。

とは言っても、会議の要点をまとめる等の作業には全然使えると思う。

スピード重視な人

表示遅延があるので、スピーディに文章を書きたいという人は、耐えられないかもしれない。また変換が少しおバカなので、それで時間を取られることがある。

速さ重視の人にはオススメできない

終わりに

今日はポメラDM30の便利な機能を紹介した。他にも、縦書き横書きを簡単に変更できたり、画面のリフレッシュなどといった、今回紹介できなかった機能もある。ただ、よく使われる便利な機能は今回紹介した5つの機能だと思う。購入の際の参考にしてもらえると嬉しい。

ここまで読んでくれてありがとう。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました