【映画】今日のオススメ映画「劇場」

映写機映画
Pocket

思わず涙腺がゆるむような、エモーショナルな映画が観たい。そんな人にオススメな恋愛映画「劇場」。原作はお笑い芸人の又吉直樹で、主演は山﨑賢人だ。2020年の7月に公開され、上映時間は2時間16分とちょっぴり長め。けど、とてもいい映画だったので紹介する。

あらすじ

劇作家である主人公・永田。街をさまよっていると、上京したばかりの女子大生・沙希と出会う。去ろうとする沙希だったが、永田が必至に話しかけ、喫茶店コーヒーを飲むことに。こうして、二人の恋が始まった。

永田の劇団「おろか」は、鳴かず飛ばずの小劇団。お金のない永田は、沙希のもとへ転がり込むことに。健気な沙希と芸術家肌で自分勝手な永田の同居生活が始まるが・・・。

山崎賢人と松岡茉優が紡ぐ切なすぎる恋!映画『劇場』予告編

「劇場」の良かったところ4つ

この映画の良かったところは、以下の4点だ。

・主人公永田のクズ野郎感がすごい
・沙希を演じる女優の演技
・いちゃいちゃシーンがない
・とってもエモーショナル

永田のクズ野郎感がすごい

この映画で主人公の永田を演じる山﨑賢人の演技がめちゃくちゃ良かった。迫真の演技。

この映画で山﨑賢人はかなりのクズ野郎を演じているのだが、リアリティがすごい。思えば、Netflixドラマ「今際の国のアリス」でもニート役を演じていたな。こういう役が似合う。

一番印象に残ったシーンは、彼女の実家から荷物が届いた時のシーン。「沙希ちゃんのお母さんキライだわ」という台詞。なんかヒヤっとした。そして胸にグサっとくるシーンだった。緊張感も半端なかったし。

とにかくクズ男を上手く演じていた。映画の序盤から最後の方まで、とにかくずっとクズ野郎。観ているのが苦しくなるわ。

そんな男を演じた山﨑賢人の演技力が、この映画をより豊かなものにしている。

沙希を演じる女優の演技

この映画で健気で献身的な女性を演じた松岡茉優。彼女の演技もとても良かった。

序盤はちょっとわざとらしい感じがする演技だが、中盤から一気に演技に真実味が出てくる。

映画で沙希をみていて、とても切なくなった。
一番印象に残ったシーンは、彼氏である永田が例え話をして、分かる分からないの問答をしているシーン。ポロリと「私、かしこいところあるから」的なことを言うのだが、すごく切ない。なんか悲しくなるシーンだった。

この映画は、主演の二人の演技力に支えられていると言っても過言ではない。とても見応えのある映画になっていると思う。

いちゃいちゃシーンがない

恋愛映画にありがちな、いちゃいちゃシーンや濡れ場というものが一切ない。キスシーンすらない。

そういったシーンに頼ることなく、演技力で勝負した映画だ。

原作が文学作品なので、台詞にも文学の香りがする。映画を娯楽ではなく、芸術作品だと思わせるような作品だった。

とってもエモーショナル

最後の方は、思わず涙腺が崩壊しそうになった。グッとくる映画だった。

主人公の永田がクズ野郎過ぎるので、共感するような映画ではない。芸術家の人生って独特だしね。けど、夢を追う姿や不安は、誰しもが経験したことあるのではないだろうか。

共感するような映画ではないけど、終盤は心動かされる。恋愛でうまくいかない、当たり前のことができない、など多くの人が同じ様な経験があるからではないだろうか。とても切ない物語だった。

こんな人にオススメ!

どんな人にオススメの映画かというと、以下の4タイプの人にオススメできる。

・クリエイターの人
・恋愛映画が好きな人
・夢を追いかけてる人
・泣きたい人

クリエイターの人は共感できる部分が多いのではないだろうか。俺も実は演劇を作る手伝いをしたことがある。というとで、なんか昔が思い出された。芸術家やなにかを創り出す人は、主人公の孤独感だったり不安だったり、理解できる部分があると思う。

純粋に恋愛映画が好きという人にもオススメ。ストーリーとしては普通だし、ベタベタいちゃいちゃするシーンもないけれど、恋愛映画としては上出来な映画だ。特に終盤、一気に青春恋愛映画っぽくなる。ということで、恋愛映画が好きなら観て損はないだろう。

夢を追いかけている人は、主人公の気持ちが分かるのではないだろうか。人の意見や批判を聞き入れられなかったり、やけに誰かに噛みついてしまったり。主人公がとにかく演劇にこだわり、夢を諦めれないという映画なので、観てみるとおもしろいかもしれない。

映画で泣きたい人にもオススメ。俺は映画で泣くことはあまりないけど、それでも最後の方は涙が出そうになった。上手な演出で、終盤に差し掛かるころには心高ぶる。グッとくる映画だったのでオススメだ。

終わりに

主人公が芸術家肌で、最初の方は、これだから芸術家と付き合うのはイヤなんだと思った。けど、終盤になるにつれて、エモーショナル度がどんどんヒートアップ。主演の二人の世界に入り浸ってしまった。そんな映画だ。

ちなみに、主人公を演じた山﨑賢人が出ているNetflixドラマ「今際の国のアリス」も別記事で紹介している。生死をかけたシリアスドラマでオススメなので、気になる人はチェックしてみてね。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました