衝撃!ドイツでは豚肉を生で食べる!?

ハッケペータードイツ
Pocket

一般に言われるように、ドイツと日本は似ている部分が多い。こちらに住んでいてもそう感じることがある。

けど、今日はそんなドイツと日本の食文化の違いに関する投稿。

そう、ドイツでは豚肉を生で食べるのだ。その名もハッケペーター(Hackepeter)。地域によってはメットヴルスト(Mettwurst)とも呼ばれる。これには驚いた。正直、こちらに来て一番驚いたことかもしれない。
小さい頃から豚肉は必ず中まで火を通す、と教えられて育った筆者にとっては、まさにコペルニクス的転回の瞬間。今までの価値観が総崩れ。豚肉の生食は絶対ダメだと思ってきたのに。

このハッケペーター、スーパーなどでプラスチックの容器にパッケージされて普通に売られている。だいたいは挽き肉コーナーのあたりに置いてあって、見た目は普通の豚の挽き肉。塩と香味料で味付けがされている。食べるときは、そのままパッケージから出して、パンに塗って食べる。自分で生のタマネギスライスなどをのせると、より美味しく食べられる。
味はとっても美味しくて、一時期ハマった。臭みとかは全くなく、下味も最初からついているので、パンとよく合う。今のところ、食べて体調を崩したことはない。最初は本当に生で食べれるのか疑心暗鬼だったが。

でも、一体どうして豚肉を生で食べれるのだろうか?特別な加工技術でもあるのだろうか?とても気になる。
そこでザクっと調べてみた。が、満足の得られる答えは見つけられなかった。一応、ドイツには挽き肉を取り扱う際の厳しい法律があって、徹底管理されているらしいが。質問投稿サイトに全く同じことを質問している投稿をみつけた。(やっぱり気になる人いるんだ。)回答数がかなりあるものの、どれも的外れな回答ばかり。(嫌いなら食べるなといった類の)なんともフラストレーション。衛生局の人によると、このハッケペーターでも運が悪いと食中毒になるらしい。けど、売る側でしっかり管理しているから、基本的には大丈夫だろう。

ちなみに、こちらでも豚肉はしっかり火を通すのが鉄則。生で食べれるのは、このハッケペーターだけ。パッケージが普通の挽き肉と似ているので誤購入に注意。あと、妊娠中の方は危ないので食べないでね。

ところで生食というと、注意しなければならないのは、こちらでは生卵を食べてはいけないということだ。殻に菌が付着しているらしい。確かに、スーパーで売られている卵をみると、殻に産毛だったりフンらしき固形物がついていることがある。日本では、卵は生食を前提に売られているので、業者の方で殻を洗浄してから出荷されている。問題は殻らしいので、こちらでも洗ってからなら一応生食可能らしいが、それが原因で食中毒になってもイヤなので、生卵は食べないことにしている。だから、日本に帰ったときに、思いっきり卵かけご飯を食べるようにしている。ちなみに、卵を触った手でサラダなどを作るのは危険なので、まずしっかり手を洗いましょう。

ということで、今日はドイツの食文化で驚いたことでした。
一応、日本でも豚肉を生で提供していた店は過去にあったらしい。今は法律で禁止されているらしいが。生で食べるというのは、どうしても多少のリスクが伴うもの。ドイツでも日本でも、最後はあくまで自己責任ということか。けどもし、ドイツを訪れる機会があったらぜひ試してみてね。とっても美味しいよ。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました