【ドイツ語学習】ドイツの超有名ポップミュージシャン5選!

ヘッドホンとレコードドイツ
Pocket

今日紹介するのは「ドイツのポップミュージシャンたち」だ。有名な順に、5人のミュージシャンを紹介する。ポップスが好きな人、音楽を通してドイツ語を学びたい人必見!どれも超が付くほど有名なアーティストたちなので、ドイツの音楽事情が気になる人は続きをチェックしてみてね。

へレーネ・フィッシャー (Helene Fischer)

まず紹介するのは、へレーネ・フィッシャーだ。彼女なしではドイツのポップスは語れない。ポップミュージック界の女王だ。おそらくドイツ人なら誰でも知っているだろう。

彼女の代表曲「Atemlos durch die Nacht」は超有名。街のお祭りなんかでもよく流れている。キャッチーなメロディと歌詞で、一度聴いたら耳に残ること間違いなし。逆に、耳にこびり付いて困るくらい。

特に、サビの部分の「Atemos durch die Nacht〜♪」は、ドイツ人全員が歌えるのではないだろうか笑

ドイツのポップスといったら、まずへレーネ・フィッシャーだ。Youtubeの動画を貼っておくので、気になる人はチェックしてみてね。

Helene Fischer – Atemlos durch die Nacht

マーク・フォルスター (Mark Forster)

ドイツの大物歌手。甘いマスクと声で、ドイツの女性を魅了している?ドイツの音楽番組の司会を務めたりたり審査員をやったりと、活動範囲は多岐に渡る。

彼のオススメの一曲は「Au Revoir」だ。彼の歌い方は聞き取りやすいので、ドイツ語学習にも最適。キャッチーなメロディが耳に残る曲なので、ぜひ聴いてみてね。

Mark Forster – Au Revoir (Videoclip) ft. Sido

マックス・ギージンガー (Max Giesinger)

マックス・ギージンガーはドイツを代表する歌手。イケメンな彼。彼の音楽はキャッチーなものが多いので、日本人にも聞きやすいと思う。

彼の代表曲「80 Millionen」は、欧州サッカー選手権の曲としても使われた。ひょとしたら、サッカーに詳しい人なら聞いたことがあるかもしれない。

とっても聞き取りやすい曲なので、ドイツ語学習にも最適。

Max Giesinger – 80 Millionen (Offizielles Video)

レナ (Lena)

ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト(ESC)のドイツ代表として出場したレナ。数少ないドイツ出身のESC優勝者だ。彼女は2回ESCに出場している。

一回目出場時の優勝した曲「Satellite」は全編英語の曲だ。ということで、ドイツ語学習には向かないけれど、なかなか良い曲だ。気になる人はチェックしてみてね。

Lena – Satellite (Germany)

ヴィンツェント・ヴァイス (Wincent Weiss)

最近、人気急上昇中の歌手はヴィンツェントだ。若い女性を中心に人気がある。「Deutschland sucht den Superstar」という次期スターを探すオーディション番組に参加した経歴があり(残念ながらその時は途中で退場となってしまった)、その後歌手としてデビュー。

まだまだ若手だけど、今後の活躍が楽しみな歌手だ。彼の代表曲「Feuerwerk」は、とても爽やかな感じの曲だ。とても聞き取りやすいので、ドイツ語を勉強している人は聴いてみるとおもしろいかもしれない。

Wincent Weiss – Feuerwerk (Official Video)

終わりに

今日は、ドイツのポップミュージシャンを5人紹介した。ポップミュージックは聞き取りやすい曲が多いね。今回紹介した5人も、日本人にとって聞きやすいアーティストたちなので、気になる人は聴いてみてほしい。

ドイツ音楽というとクラシックやテクノ系の音楽を思い浮かべる人が多いんじゃないだろうか?あんまり知られていないジャーマンポップ。この記事を通して、なにかお気に入りの曲を見つけてもらえたら嬉しい。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました