【ゲイ】ゲイ・ホモの違いは?

レインボー旗ゲイ
Pocket

ゲイもホモもどちらも男性同性愛者を指す用語だ。この二つの言葉、一体何が違うんだろうと思う人も多いのではないだろうか?ということで、今日はゲイとホモの違いについて。

ちなみに、俺はゲイだ。今までの遍歴を「ゲイ歴 俺のカミングアウト史」という記事で書いているので、気になる人はチェックしてみてほしい。

ゲイ、ホモ違いは?

日本ではゲイもホモもどちらも男性同性愛者を指す言葉だ。国によっていろいろ違いはあるんだろうけど、最近はゲイの方がよく使われる傾向にある。というのも、ホモには侮蔑的なニュアンスが含まれるとされているからだ。

ということで、この二つの単語の違いは、侮蔑的なニュアンスを含むか否かだ。

けど、そんな違いも些細なもの。結局はどちらも同じ。
大切なのは言葉選びじゃなくて、その言葉をどう使うかだ。

ちなみに、俺はゲイでもホモでもどっちでもいいと思ってる。けど、ゲイのほうが使うことが多い気がする。後述するが、ホモはそもそも同性愛者全体を指す言葉なので、狭義のゲイという言葉の方がしっくりくるのだ。

言葉の難しいところは、人によって捉え方がさまざまだというところ。たとえば「ゲイパレード」の場合、「ゲイ」にはセクシュアルマイノリティー全般という意味が込められている。なので、男性同性愛者のみならず、レズビアンだったりバイセクシュアル(俗に言うLGBTQというやつだ)もその中に含まれることになる。

ゲイ・ホモの意味は、使う人によっても、時代によっても、使われる場所によっても、実に様々だ。けど、日本では「ホモ」という単語が徐々に消滅しつつあるのを考えると、公の場では使うのを控えたほうがいいかもしれない。

ゲイ、ホモそれぞれの語原は?

ここでは、ゲイ・ホモのそれぞれの語原をみていこう。

ホモ

ホモとは、ホモセクシュアル(Homosexuall)の略で、同性愛を意味する。ということで、男女に関わらず同性愛者全体を指す言葉だ。ホモとはギリシャ語で「同じ」を意味し、「ホモ牛乳」とか言ったりする。生物学の授業で、遺伝の勉強をするときにホモ接合型とか聞いたことがある人も多いのではないだろうか。

ホモセクシュアルと対になる言葉が「ヘテロセクシュアル」だ。ヘテロとはギリシャ語で「異なる」を意味し、異性愛者のことを指す。ちなみに、異性愛者のことを「ストレート」とか「ノンケ(主に男性を指す)」とも言ったりする。

ということで、「ホモ」は元々男性同性愛者だけを指す言葉ではない。けど、ホモと略されると基本的に男の同性愛者を指す言葉になる。

ゲイ

ゲイとは、もともと「陽気な・気ままな」とかを意味する言葉。俺も高校生の時、なにかを期待して(なにを?笑)辞書で調べてみたときに、ゲイの意味を知った。LGBTQのG(Gay)にあたる。日本では、主に男性同性愛者を指して使われる。

この単語がもつ「気ままな」という意味が、道徳的な制約に縛られないというイメージに結びつけられ、現在は男性同性愛者を指す言葉になった。少し前の映画をみると、(性的な意味ではなくて)ゲイという単語が使われていたりする。時代によってネガティブなイメージだったり色々だが、現在は先人たちの努力の甲斐あってか、同性愛男性を指す一般的な言葉として広く浸透している。

注意すべき点は?

この二つの単語、とっても似ている。けど、プレゼンやSNSなど公の場で使う場合、しっかりと使い別けをしておいたほうが良さそうだ。

ホモには侮蔑的なニュアンスが含まれる

ホモという言葉には侮蔑的なニュアンスが含まれる。例えば「カマホモ野郎」などがそうだ。男性同性愛者の中には、ホモを自称する人もいるが、不快に思う人もいる。ということで、公の場で同性愛がテーマになるときは、ホモという言葉は避けた方がいいだろう。

「男性の同性愛者」もしくは「ゲイ」という言葉を使った方が、無用なトラブルを避けられる

俺は、個人的にはどっちでもいいと思うが、ゲイを使うことが多い。重要なのは単語じゃなくて、その単語を使うコンテクストだったり、語調だと思う。

ちなみに俺が気をつけているのは、ゲイ・ホモの違いより、「ノーマル」だとか「普通」とかいった類の単語だ。なにが「普通」かは、人によって違うんじゃないのかな。抽象的過ぎるし、「普通」に当てはまらない人は「異常」なのかと連想されるので、こういった単語は日常生活でも極力使わないように心がけている。

尊重したい、相手の考え

大切なのは、どの言葉を使うかということではなく、相手がなにを考えているかだ。カテゴリーや言葉の意味に縛られるのではなく、相手の考えや立場を尊重したコミュニケーションをとれるのがベストだろう。

セクシュアリティーは、はっきりしないことが多い。別にハッキリしなくてもいいのだ。今日は男、明日は女という「ジェンダーフルイド」という人たちも存在する。

ということで、あくまでも人それぞれ。相手のことを想っていれば、使う単語がゲイだろうがホモだろうが関係ない。

まとめ

今日はゲイとホモの違いを紹介した。セクシュアルマイノリティーと関係のない人には、めんどくせぇなと思う人もいるかもしれない。けど、想像している以上に同性愛者はどこにでもいるものだ。ということで、今日の記事を読んで、少しでも同性愛に関する理解が深まったとしたら、幸いである。

ここまで読んでくれてありがとう。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました