デジタルなクリスマスマーケット

クリスマスマーケットドイツ
Pocket

ドイツのクリスマスマーケットは世界でも有名だと思う。
そして、俺の住むザクセン州の街、ドレスデン市のクリスマスマーケットは世界で最も古いクリスマスマーケットの一つ。アドヴェントの時期(クリスマス前の4週間)になると、観光客やら地元民やらで街は賑わっている。けど、今年はコロナ禍でクリスマスマーケットの開催ができない。そこで、ザクセン州はデジタルなクリスマスマーケットを催すことにしたようだ。以下のリンクからサイトにアクセスすることができる。

So geht sächsisch. - Weihnachtsmarkt
Herzlich Willkommen und viel Spass beim stöbern!

リンクにアクセスするとまずホームページが表示される。Jetzt entdecken!(訳:今から探索)ボタンを押すとページに移動する。
絵の中の小屋がクリック出来るようになっていて、クリックすると参加店の概要が表示されるようになっている。さらに表示された画面に掲載されたリンクを踏むと、各オンラインショップへと誘導されるようだ。ショップの他にもクリスマスのお菓子のレシピなども載っている。

ザクセン州のエルツゲビルゲ(Erzgebirge)という地域は、木工細工で有名。ロウソクに火を着けると回転し始める通称ピラミッド(Pyramiden)もこの地域の特産品だ。

ただこのサイトの難点は、全部ドイツ語だということ。なのでドイツ語ができない人には、ちょっと厳しいかも。

ちなみにこのクリスマスマーケット、So geht saechsisch(英名:Simpy Saxony)というザクセン州のキャンペーンの一環。インスタのアカウントもあるので、ザクセンという地域がどんな地域なのか知りたい人はサイトを覗いてみるといいかも。ショートフィルムなども観れる。ちなみにこのサイトは英語版もあるのでドイツ語ができなくても閲覧可能だ。

So geht sächsisch. - Die Dachmarke des Freistaats Sachsen
Die Dachmarke des Freistaats Sachsen

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました